舟木の丸尾

日々の折り目正しい生活の維持、満腹になるまで食べないこと、程よい体操など、古臭いとも言える自分の身体へのおこないが皮ふの老化防止にも関係しているのです。
筋緊張性頭痛というのは肩凝り、首のこりから生じる慢性頭痛で、「頭を締め付けられるような痛さ」「頭が重いような痛さ」と言い表されます。
前立腺はその活動や成長にアンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)が大変深く関わっていて、前立腺にできてしまったガンも同じように、アンドロゲン、即ち雄性ホルモンの機能によって成長してしまうのです。
内緒で家を売る
アミノ酸であるグルタチオン(Glutathione-SH)には、細胞の機能を悪くしたり変異を招く悪影響を及ぼす有害物質を体の内部で無毒化し、肝機能を促すような特徴が認められているのです。
急に発症する急性腸炎は、大抵は腹痛・悪心・下痢の症状が出る位で済みますが、バイ菌の感染が原因の場合は相当ひどい腹痛・長引く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・下痢と一緒に38℃以上の高熱が出るのが通例だといえます。
ハーバード大学医学校の研究によると、毎日2カップ以上カフェインレスコーヒーを飲めば、なんと直腸ガンの発症する確率を約半分も減らせたのだ。
自転車の転倒事故や山での転落事故など、著しく大きな圧力がかかった場合は複数の箇所に骨折が発生してしまったり、骨が外部に露出する開放骨折となったり、重症の時は内臓破裂してしまうこともあります。
30歳代で更年期が訪れるとすれば、医学的な用語で表現すると「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」という疾患のことを指します(我が国の場合は40才以下の女の人が閉経するケースを「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」と言います)。
流行性感冒とも呼ばれるインフルエンザに適応している効果的な予防法や治療法といった類の基礎的な対処策そのものは、それが季節性のインフルエンザであっても新型のインフルエンザであっても同じなのです。
腹部の右上にある肝臓に中性脂肪(中性脂質)や食物由来コレステロールが蓄積した脂肪肝(しぼうかん、steatosis hepatis)は、動脈硬化や糖尿病というようなありとあらゆる健康障害を誘発する可能性があるといわれています。
毎年違うタイプが流行する季節性インフルエンザワクチンでは、これまでの膨大な研究の結果、予防の効用が期待されるのは、ワクチン接種日のおよそ2週間後から約5カ月間ほどと言われているようです。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)は皮脂分泌の異常によって引き起こされる発疹で、皮脂分泌が乱れる素因として男性ホルモンと女性ホルモンの均衡の乱れやリボフラビンなどビタミンB群の不足などが考えられているのです。
触れ合うことで、入居者がセラピーアニマルをとても愛おしいと思った場合に「愛情のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌され、結果としてストレスを低減したり心の癒しなどに繋がっているのです。
トコトリエノールの機能は抗酸化機能がおそらく一番認識されていますが、更に肌を美しくする作用や、血清コレステロールの産出を抑えたりすることが確認されています。
心筋梗塞というのは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化によって血管の中が細くなってしまい、血液の流れが途切れ、必要な酸素や栄養が心筋に送られず、ほとんどの筋細胞が壊滅状態になる大変怖い病気です。